Topニュース・お知らせ >学研グループのブックビヨンドが電子書籍、プリント・オン・デマンドの取次事業を開始

ニュース・お知らせ

ニュース

学研グループのブックビヨンドが電子書籍、プリント・オン・デマンドの取次事業を開始

2017年05月09日

学研グループのデジタル事業会社である株式会社ブックビヨンド(東京・品川/社長:織田信雄)は、出版社をはじめとしたコンテンツホルダーにむけて電子書籍、プリント・オン・デマンドのコンテンツ取次事業を開始しました。
主な取次先書店として、アマゾンジャパン合同会社との間で「kindleストア」ならびに「プリント・オン・デマンド(POD)」へのコンテンツの取次社としての契約を締結しました。その他、主要な取次配信チャネルは以下のとおりです。

■おもな取次配信チャネル

【電子書籍】
・Kindleストア(アマゾンジャパン)
・楽天Kobo電子書籍ストア(楽天)
・BookLive!(BookLive)
・Reader Store(ソニー・ミュージックエンタテインメント)

【プリント・オン・デマンド】
・Amazon.co.jp プリント・オン・デマンド(POD)

■ブックビヨンドとは

ブックビヨンドは、学研グループの電子出版事業を加速させるために設立された、株式会社学研ホールディングス100%出資の事業会社です。
2013年の設立以後、出版物をはじめとするグループ内のコンテンツを電子書籍やプリント・オン・デマンド、オーディオブックといった新しいフォーマットに展開し、販路を拡大してきました。
その事業を更に拡大するため、ブックビヨンドではグループ外他社のコンテンツホルダーとの連携を強化してまいります。その連携のひとつとして、これまで培ったデータ製作、管理、流通、プロモーションのノウハウを生かし、他社出版物の取次事業を開始、自社グループの出版物とともに他社出版物を広く配信してまいります。
またブックビヨンドでは、自社で運営するデジタルコンテンツ配信プラットフォーム「BeyondPublishing」にて多くの法人、個人のもつ多彩なコンテンツのePub制作、ライブラリーの開設、配信をしています。「BeyondPublishing」で配信する魅力的なコンテンツを広く外部のストアへ配信。新たなコンテンツ価値を創造する事業の一環として取次事業に取り組んでまいります。