Topニュース・お知らせ > 企業のブランディング・PRを目的としたデジタルコミックマーケティング事業がスタート! 第1弾は化粧品ブランド「シュウ ウエムラ」のオリジナルコミック『rebirth ~キレイの魔法~』

ニュース・お知らせ

ニュース

企業のブランディング・PRを目的としたデジタルコミックマーケティング事業がスタート! 第1弾は化粧品ブランド「シュウ ウエムラ」のオリジナルコミック『rebirth ~キレイの魔法~』

2015年06月19日

学研グループのデジタル事業会社である株式会社ブックビヨンド(東京・品川/社長:織田信雄)は、企業のブランディング・PR・CSR向上を目的としたデジタルコミックマーケティング事業を開始しました。

【デジタルコミックマーケティング概要】

・人気作家によるインフォマーシャルコミックの企画・制作
・電子書籍コンテンツ制作
・複数の有名電子書店への配信(無料版、有料版)
・電子書籍ストアへのタイアップ交渉
・宣伝配布用小冊子の編集・制作
・宣伝用動画の企画・制作

【デジタルコミックマーケティングのメリット】

従来の広告メディアではリーチの難しいF1層、M1層への訴求媒体としてデジタルコミック並びにスマートフォン他のデジタルデバイスの活用に着目し、その企画から制作、配信、宣伝にいたるまでのソリューションをワンストップでご提供いたします。

■第1弾コンテンツ『rebirth ~キレイの魔法~』概要

シュウ ウエムラ(※1)アトリエ開設50周年記念プロジェクトの一環として企画・制作されたデジタルコミック。
化粧品ブランド・シュウ ウエムラの創設者・植村 秀が自宅にアトリエをオープンしてから50年。「一人でも多くの人にメイクアップの楽しさを伝えたい」というブランドスピリットは今も引き継がれています。そのスピリットを元に、人気作家・垣野内成美(※2)がハートウォーミングな物語を全4話構成で描きおろします。

《ストーリー》
東京でOLをしている芹名真夏(せりなまなつ)は、今の自分に自信が持てずに悩んでいた。そんなある日、高校時代に片思いしていた「彼」と再会する。……が、あっさりと失恋してしまう。
真夏には、しっかり者の姉・美春(みはる)と、おしゃれ&甘え上手の女子大生・千秋(ちあき)がいる。落ち込んでいる真夏を、二人の姉妹が盛り立てるようとするが……。
そんな真夏の目にとまった一冊の本。それは、日本のメイクアップアーティストの草分け的存在である、植村秀氏の本だった。高校時代、絵を描いていた真夏は、そのメイクの美しさに引き込まれ・・・。メイクのチカラで、真夏の人生のトビラが開いていく。
第1話はオールカラーコミックで配信いたします。

《先行無料配信スケジュール》
第1話「ようこそ私のアトリエへ」 6月19日配信開始
第2話 7月3日配信開始(予定)
第3話 7月17日配信開始(予定)
第4話 7月30日配信開始(予定)

《コミックシーモア、music.jpにて先行無料連続配信》

◇コミックシーモア特設ページ
http://www.cmoa.jp/special/?page_id=shuuemura_rebirth

◇music.jp特設ページ
http://music-book.jp/comic/mayaaPage/page:res:specialTopics:special-shuuemura

《電子書店での配信》
7月末より有名電子書店にて順次配信予定。

 

(※1)「シュウ ウエムラ」について
日本の美容界のパイオニアとして知られる伝説のメイクアップアーティスト、植村 秀が創業した化粧品ブランド。アーティスティックな美学と高いプロ意識は「美しいメイクアップは美しい素肌からはじまる。」というコンセプトのもとに、あらゆる美の創造へ向かってチャレンジしている。シュウ ウエムラの店舗デザインコンセプトの元となった、植村 秀のメイクアップアトリエ開設から今年で50年を迎える。
サイトURL:http://brand.shuuemura.jp/

(※2)垣野内成美 プロフィール
大阪生まれ。上京しアニメーターとしてTVや劇場の作画スタッフを経てオリジナルアニメビデオ(OVA)の「緑野原迷宮(りょくのはらラビリンス)」では監督、キャラクターデザイン、作画監督を務める。
OVA「吸血姫美夕」でキャラクターデザインと作画監督を手がけ、同作品のコミカライズで漫画家としても活動を始める。著作に「吸血姫美夕シリーズ」他、「吸血姫夕維」、「恋水蓮」、「ムーンプリンセス」、「風雲三姉妹LIN3」等多数。田中芳樹氏著「薬師寺涼子の怪奇事件簿シリーズ」の小説表紙、挿絵、コミカライズを担当。流麗な線と情感的な水彩カラーのファンが多く、現在も漫画家とアニメーターの両ジャンルで活躍中。