Topニュース・お知らせ > ボーンデジタルレーベル「ビヨンドブックス」創刊 第1弾は日本最大のレシピサイト「COOKPAD」を徹底取材!

ニュース・お知らせ

ニュース

ボーンデジタルレーベル「ビヨンドブックス」創刊 第1弾は日本最大のレシピサイト「COOKPAD」を徹底取材!

2014年03月27日

  • ■電子書籍「ウワサの会社 クックパッドの社員力 ― クックパッド編集部の挑戦! ―」を4月2日(水)に発売(企画制作:㈱ブックビヨンド)
  • ■Kindleストア、iBooks、楽天Koboイーブックストアなど各電子書籍ストアで販売
  • ■今後も良質なコンテンツを発掘し、デジタルならではの特長を生かしてリリース

学研グループのデジタル事業会社である株式会社ブックビヨンド(東京・品川/社長:織田信雄)はボーンデジタル※1出版レーベル「ビヨンドブックス」を創刊します。その第1弾タイトルとして、日本最大※2のレシピサイト「COOKPAD」を運営するクックパッド株式会社を徹底取材した電子書籍「ウワサの会社 クックパッドの社員力 ― クックパッド編集部の挑戦! ―」を4月2日(水)※3より、Kindleストア(Amazon.com, Inc.)、iBooks(Apple Inc.)、楽天Koboイーブックストア(Kobo Inc.)など、各電子書籍ストアで配信開始します。

  • ※1 : 印刷版の書籍などアナログのコンテンツを電子化するのではなく、はじめからデジタル配信用に作成されたコンテンツの意。
  • ※2 : 月間訪問4,000万ユニークブラウザ(期間内にサイトを訪れた、ユーザーに重複の無い閲覧ブラウザ数)を超えるレシピサイト「COOKPAD」には、約160万以上ものレシピが掲載される。人気順検索などの機能が使える有料会員も110万人を突破している。
  • ※3 : 配信先ストアの都合により、各ストアにおける販売開始が遅れる場合があります。

■ビヨンドブックス第1弾タイトル

  • COOKPADの社員力
  • タイトル :
    「ウワサの会社 クックパッドの社員力 ― クックパッド編集部の挑戦! ―」
  • 内容 :
    ブックビヨンド取材班からのお題「本気の和食をつくってください!」に応える中で、クックパッド流の和食料理を披露する精鋭社員たち。クックパッドという会社、人に興味があるビジネスパーソンも、そのサービス、料理が好きなユーザーも楽しめる“ビジネスエンターテインメント本”。
  • 著者 :
    松浦達也
  • 発行 :
    ブックビヨンド
  • 販売 :
    ブックビヨンド
  • 協力 :
    クックパッド
  • 発売予定日 :
    2014年4月2日
  • 希望小売価格(税別) :
    300円
  • 販売ストア :
    Kindleストア(Amazon.com, Inc.)
    iBooks(Apple Inc.)
    楽天Koboイーブックストア(Kobo Inc.)など

■ボーンデジタル出版レーベル「ビヨンドブックス」

「ビヨンドブックス」は、株式会社ブックビヨンドが提供するボーンデジタル出版レーベルです。企画・編集から電子書籍データ製作、販売・配信までを自社で行える強みを生かして、良質なコンテンツを発掘、デジタルならではの特長を生かしてリリースしていきます。

■ブックビヨンド取材班が、「COOKPAD」を徹底取材!

電子書籍「ウワサの会社 クックパッドの社員力 ― クックパッド編集部の挑戦! ―」

ブックビヨンドがクックパッドに注目したのは、2013年の冬。「和食」のユネスコ無形文化遺産登録がきっかけでした。というのも、クックパッドはこの前後のタイミングで日本の食文化「和食」についてのコンテンツを発信していたのです。

しかしなぜ、投稿レシピサイトである「COOKPAD」が、メディアとして情報を発信したのでしょう? 「簡単便利」なイメージのクックパッドが和食を提案? どんな人たちがどんな考えで発信しているの? 社員もやっぱり料理好き? そもそもクックパッドって、どんな会社?

次々と湧き上がる疑問とともに、クックパッドへの興味がどんどんと膨らんできます。ブックビヨンド取材班は、そんなたくさんの???を抱えながら、クックパッド社内に2013年に編成されたばかりの「メディア事業部編集グループ(通称:クックパッド編集部)」へ突撃取材を敢行しました。この「クックパッド編集部」こそ、クックパッドの新しい取り組みであるメディア活動を担っていたのです。

取材は、注目のユニット「給食系男子」でも活動するフードアクティビスト・編集者の松浦達也氏が実施しました。氏が直接、クックパッド社に乗り込み、社内をつぶさにチェック。そしてついには「本気の和食を作ってください!」とリクエスト。社内に設置された本格的なキッチンを使って、果たしてどんな「和食」が出来上がったか!?

躍進する同社の魅力を、「クックパッド編集部」の挑戦と“社員力”という側面、そして、食のコンテンツ編集力の観点から徹底取材しました。

■日本の食卓と日々向き合っている「クックパッド編集部」の想いと願い

「日本最大のレシピサイトに成長したクックパッド。投稿されたレシピ、検索されている言葉…。ここには日本の食卓風景がぎゅっと凝縮されています。ニュースや特集、トップページの運営に携わるクックパッド編集部が、どんな想いでこの食卓風景と向き合っているか。そしてその中でどんなことを伝えていきたいと考えているか。そんな裏側を知ってもらうことで、食というものを深く考えるきっかけになってもらえればと考えています。」(クックパッド株式会社 メディア事業部編集グループ 草深由有子副編集長)

■企業のデジタル出版ニーズに応える、ブックビヨンドのトータル支援

ブックビヨンドは、出版部門を持たない一般企業や団体、個人による電子書籍出版を、企画・編集から電子書籍データ製作、販売・配信までトータルで支援します。

特に、良質なコンテンツを多数保有し、会員事業、広告事業等が急成長しているメディア企業においては、電子書籍サービスやプリントオンデマンドサービスが新たなマネタイズ手段になるという認識が高まっており、その質の高いサービスとコンテンツを生かした事業の多角化に、ブックビヨンドは貢献していきます。 ブックビヨンドでは今後、出版社のみならず専門分野で特色を持ったIT・ウェブ企業、メディア企業等とのコラボレーション型電子書籍出版事業を積極的に展開していく予定です。

ブックビヨンド コンテンツプロデュース業務